상단여백
HOME 동영상 기획영상 전국
慶尚北道 多文化政 ドキュメンタリー

2018年、慶尚北道(キョンサンプクト)の龜尾(クミ)!

秋の陽が眩しく溢れるある日、世界の色々な人の興や才能が集まった。

この龜尾(クミ)で、慶尚北道(キョンサンプクト)の多文化家族オウリムハンマ ダン(交流フェスティバル)が開かれたのだ。

慶北(キョンプク)で世界の色々な国の文化やステージが楽しめる

多文化家族のオウリムハンマダン(交流フェスティバル)は、韓国社会がもはや グローバル時代を迎えたということが分かる一例である。

グローバル時代は韓国社会に多文化人200万時代を開いたのだ。

女性家族部の多文化政策10年、

果たして、私たちが進むべき道はどれなのだろう。

慶尚北道(キョンサンプクト)多文化政

韓国の多文化政策は2006年から実施されはじめ、

もう10年を越えている。

これまで慶尚北道(キョンサンプクト)の外国人の住民数は年々増加し、

急激にその数が増えてきた。

多文化家庭は韓国で新しい家族の形として位置づけている。

多文化家庭を受け入れている韓国国内の認識の変化はもちろん、

多文化家庭の女性たちの社会的な立ち位置にも大きな変化が生まれたのだ。

これから、彼らの話を聞いてみよう。

韓国で人一倍頑張っているグラザメルセデスロメロ。

彼女はここで高齢者たちに英語を教えている。

Q>どの国から来ましたか。

(私は)フィリピンから来たんですが、韓国の国籍を持っています。

数年か前にここでボランティアをしました。

一ヶ月に一回、毎週土曜日にフィリピンの友だちと一緒に英語を教えました。

韓国居住13年目、

今は韓国の生活に慣れてきたと言えるが、

彼女にも大変なことはあったという

Q> 韓国で仕事をしながら、大変なことはなかったですか。

大変なこともありましたが、(わたしが)韓国語が上手ではないから

でも、年配の方々がいらっしゃるので、私は助かります。

(私が韓国語が)言えなくてもみなさんが手伝ってくださいます。

そして、私が知っていることはみなさんに教えて、(私が)よく分からないことは教えてもらいながら、やっています。

慣れてない環境で、言葉がうまく通じないから大変なときもあったけれど

回りから助けてもらったお陰で、大変な時期をうまく乗り越えた彼女。

二重言語講師として、また、家では母として!

忙しい毎日だったが、仕事をしながら韓国の生活に自信を持つようになり

このような生活ができるまで、たくさんの支援を受けたのだが、

そこは、慶尚北道(キョンサンプクト)の多文化支援センターである。

Q> 多文化支援センターでどのような支援を受けましたか。

多文化センターで、老人福祉館(にいらっしゃる)年配の方たちが英語を習いたいとうことだったので、

多文化センターから、ボランティアをしたい移住女性がいるのであれば申し込んでくださいといったから、

私は時間の余裕があったので、申し込んで...(仕事を始めるようになりました

慶尚北道(キョンサンプクト)には鬱陵郡(ウルルンぐん)を含め、道内23          市・郡に多文化支援センターが

設置されている。センターの色々なプログラムは、彼女に能力はもちろん、

自信までつけることができ、

彼女の潜在能力を最大化させる原動力になったのだ。

慶尚北道(キョンサンプクト)多文化センターは

体系的な韓国語教育支援を通して、

移住女性の安定的な定着のために手伝いをし、

ひいては、韓国語能力試験の支援をするなど、

就職活動を手伝っている。

また、他のス-パーウーマンに会ってみよう。

彼女は保険の仕事から通訳や翻訳まで

様々な業務をしている。

ドティビットユン

ベトナム/保険設計師&通・翻訳家

彼女の一日は誰よりも忙しい。

一日の最初の業務は保険会社に出勤すること!

流暢な韓国語で

韓国人の顧客はもちろん、

韓国国内の外国人の顧客に色々な手伝いをしている。

Q> 保険の仕事をする時に大変なことはなかったですか。

入社した当時に外国人が設計士(の仕事をするには)とても難しかったですよね。

顧客がないかもしれないし、韓国人から信用してもらえなくて、

それで、(私が)できないことだから、会社から拒否されましたけど、

この4年間、この仕事をしながら、ある程度顧客を確保したので(そんなに大変ではないです)...

2003年、実習生として韓国に来たのをきっかけに、韓国での生活がもう15年目になるという彼女。

異国での生活が大変だっただろうに、好きな仕事をしながら

他の人を手伝うことで、やりがいを感じるという。

またどこかに足を速める彼女。

今回は、病院なのだが..

ここは、何の用で来たのだろう。

Q> 病院には何の用で来たんですか。

移住女性たちが韓国に長く住んでいても、生活でよく使われるような言葉はよく知ってても、

医療用語についてはよく知りません。ですから、(移住女性たちが)韓国に来て、

痛いときや病院に行ったときに、お医者さんの話がちゃんと理解できないので、

通訳に頼る方々がかなりいらっしゃいます。

保険の業務と翻訳、また、現場での通訳まで無理なく やり遂げる彼女。

本物のスーパーウーマンに違いない!

彼女の一日の最後の業務は慶尚北道(キョンサンプクト)多文化センター

来年1月、ベトナムで行われる二重言語キャンプのために、

現地との連絡をとるための会議が進行中である。

ここ、慶尚北道(キョンサンプクト)多文化支援センターは、彼女にとって  

特別な意味がこもっているところであるというが、

最初、韓国に来たときに、韓国社会に慣れるためのたくさんの支援や手助け 

を受けたという。

Q>慶北(キョンプク)多文化センターでどんな支援を受けましたか。

(私は)2009年から多文化センターでベトナム語の通訳や翻訳の業務をしました。

センターに来て、韓国語も教えてもらったりしました。でも、最初は韓国の業務システムが

どうなっているのかよく分からなかったです。今までデスク業務はしたことがなかったので。

でも、センターに来て、デスク業務をやってみて、色々なことが学べるよい機会だったと思います。

韓国の国内で、

フィリピン、カンボジア、中国などの移住女性の

母国に対する関心が、観光やビジネスなどに

非常に高まっている。

特に、移住女性は母国語と韓国語、

ひいては、英語まで、

基本的に2か国語以上の言語が自由に話せるという

メリットを持っているのだ。

慶北(キョンプク)多文化家族支援センターでは、このメリットを最大に生          かして、

自分の生活の中で活用ができるように、移住女性の才能発掘に力を注いでいる。

多文化家庭の中で、互いに心強い家族になるために過ごす時間は、

幸せな多文化家庭を築いていくための基本であり、

家族みんなにとって、とても大事な過程である。

慶北(キョンプク)多文化家族支援センターでは、毎年家族支援キャンプを          通して、

家族の意味を改めて考えて、

文化の差を縮めるのに注力してきた。

移住女性の故郷を訪ね、

移住女性が不安に思うような心理的なストレスを減らしつつ、

家族の構成員としての責任感を改めて家族みんなが感じられるので、

実際に安定的な多文化家庭を営むことに非常に役に立っている。

慶北(キョンプク)多文化支援センターでは、嫁姑間の葛藤問題を解消する          ため、

嫁姑葛藤キャンプを開催してきた。

世代間の差を越え、文化の違いを理解するまで、そう簡単ではなかったが、

このキャンプは移住女性たちの満足度も高まり、

盛況裏に開催されている。

文化や言語の違いなどで、なんとも難しい嫁姑の関係を

より簡単に解消しようとするのが、このキャンプのポイントとなる。

このキャンプを通して、家族になるという真の意味を理解し合うことであ

様々なキャンプを開催し、日常でよく起りそうな問題を

革新的に解決している慶北(キョンプク)多文化家族支援センター。

二重言語キャンプを開催し、約200人の講師を養成することができた。

移住女性は基本的に2ヶ国語が話せて、その中では、3ヶ国語以上の言語が駆 使できる人もいる。

このように、彼女たちは自ら、韓国社会で自分の価値を高めるために頑張っ ている。

慶尚北道(キョンサンプクト)は2015年から毎年、多文化家族の子供たちを 選抜し、ベトナム、中国

ど、海外の大学で2週間、集中二重言語キャンプを行っている。

もはや、私たちの生活の中で、多文化家庭は見慣れていない存在ではなく、

一緒に成長していくものである。

移住女性は両国の架け橋としての役割から、

韓国の社会にも進出し、活発に活動しながら、

自分の役割を立派にやり遂げている。

彼らの才能を発見し、韓国の社会でその能力を生かすことを手伝うために、

慶北(キョンプク)多文化支援センターは、これまでにたくさんのことを変 化させてきた、

これからも韓国社会のたくさんのことを発展させ、変えていくために、

絶え間なく企画や研究をし続けている。

この全てのことは、

慶北(キョンプク)多文化家族支援センター、または、多文化家庭だけで

行われるべきものではない。

偏見の目で見ることは辞めて、みんなが一緒に、

幸せとこれからの社会の発展のために頑張らないとならない。

오PD  iij@iij.co.kr

<저작권자 © 국제i저널, 무단 전재 및 재배포 금지>

오PD의 다른기사 보기
여백
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
여백
여백
Back to Top